看護師になるには

看護師になるには

看護師になるには、高卒の場合は高校卒業後、看護専門学校、看護大学、看護短期大学といった法律で定められた養成施設で3年以上勉強して、国家試験受験資格を取得したのちに国家試験に合格して看護師免許を取得する必要があります。看護師には年齢制限がありませんので、社会人になってからでも同じように養成施設で勉強して国家試験を受けることで看護師になることは可能です。
もっと早く看護師になりたい場合は中学卒業後から目指すこともできます。中卒の場合は准看護師学校で2年間学んで准看護師になって3年以上働いてから看護専修学校で2年間学ぶ、高等学校衛生看護科で3年学んで卒業後に准看護師資格を取りその後専攻科で2年間学ぶ、5年一貫性の看護学校で学ぶと言った方法があります。
いわゆる看護師のことは准看護師に対して「正看護師」と言う呼び方をします。
正看護師よりも准看護師の方が早く実際の医療現場で働くことができますので、准看護師として経験を積んでから正看護師を目指すこともできます。
准看護師から正看護師になるには、昼間の学校の場合は2年間、定時制の学校の場合は3年間の勉強を経ることで国家試験の受験資格を得ることができます。また通信教育で正看護師を目指すこともできます。この場合は准看護師としての10年以上の実務経験が必要となります。看護師学校養成所の2年家庭の通信制に入学し、卒業すると国家試験の受験資格を得ることができます。ただしこの場合は看護師学校養成所の勉強と仕事を両立できる職場環境でないと難しいでしょう。理解のある職場であればいいですが、そうでない場合はそうした職場を見つけることから始めましょう。