看護師 医療事務

医療事務とは

病院では医師、看護師以外にも色々な職業の人が働いています。その中でも女性のスタッフが多い医療事務と言う仕事はどういったものなのでしょうか?

 

医療事務とは病院やクリニックなどの医療機関で、事務や経理などの業務を行う仕事です。医師や看護師をサポートする専門家とも言えます。
最近ではメディカルクラークと呼ばれることもあります。
「医療事務」と言うとパソコンを使ってデータ入力を行ったり、書類の作成などをイメージするかと思いますが、実際にはレセプト業務、秘書業務など様々な業務があるようです。医療事務のスタッフには男性もいますが、特に女性からの人気が高く、独学で勉強するほか通信講座や専修学校などで勉強して資格を取ることもできます。中には看護師として働きながら医療事務の資格取得を目指す人もいるようです。医療事務の資格を持っている看護師は職場によっては重宝されるそうです。
逆に医療事務として働き始めて、看護師を目指す人もいるそうです。
医療機関は全国どこにでもあるので職場には困りません。また年齢・性別も関係なく、勤務形態も正社員・派遣・パートなどから選べて働きやすいです。

 

医療事務の業務

外来患者の受付業務

病院にかかる時まず受付窓口に行きますが、この受付を行うのが医療事務の仕事です。
患者の保険証を確認して、診察券・カルテの発行などを行います。準備ができたら患者の呼び出しや診察室への案内をします。

 

入院患者への対応

病床がある病院では入院患者への対応も医療事務の仕事のひとつです。入院が決まった患者には入院用のカルテやレントゲンなどを準備していきます。
また入院費用の説明も行います。支払いの相談を受けることもあるそうです。

 

レセプト業務

レセプトとは診療報酬明細書のことです。日本ではすべての国民が医療保険に加入することになっており、健康保険証を提示すれば診察料の一部を負担するだけで診察を受けることができます。残りの医療費は患者が加入している組合や市区町村などに請求することになります。
診療内容から診療報酬点数を計算して、その月に診療を行った患者すべてのレセプトを作成して請求していきます。

 

秘書業務

あまり知られてはいませんが大きな総合病院などでは秘書的な仕事を求められることもあるそうです。
秘書業務の内容はスケジュール管理、電話対応、データ管理など様々です。

 

その他の仕事

その他にもオペレーター業務や統計業務などの仕事もあります。
カルテや伝票、処方箋などから医師が行った診療内容をレセプトコンピューターに入力して、医療費を算定するのがオペレーター業務です。
また医療機関の経営に関する情報の管理や、統計を作成する業務などもあるそうです。

 

看護師でスキルアップのために医療事務の資格を取ろうとする人もいるそうですが、スキルアップという面では医療事務の資格取得はあまり当てはまらないようです。
また転職を考えるにあたっても、看護師と比べて夜勤などはないことが多いので負担は少ないものの、給与面は看護師と比べると下がってしまうと言うことも考慮しましょう。
医療事務は算出などの事務作業がメインの仕事ですので、どういった仕事が自分に向いているかと言うこともじっくり考えましょう。