看護師の仕事

看護師の仕事

看護師とは専門の教育を受け、医学と看護学の知識を持った専門家です。国家試験に合格して資格を得ることで看護師という仕事に就けるようになります。
看護師の仕事内容は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

 

看護師の仕事は、医師が患者の診察や治療を行う際に補助したり、病気やけがの患者のケアを行うというものです。
具体的には、血圧、体温、脈などの測定、注射、点滴、採血などの治療の補助、食事やお風呂、ベッドメーキングなど身の回りの世話などを行います。1日の終わりには次の担当の看護師のために、その日担当の患者の記録をつけたりと、多くの仕事をこなしています。
大手の病院では手術の補助を専門としている看護師もいます。手術室において、手術の準備や執刀医へ器具を手渡しする業務などを担当しています。
近年医療の専門化が進んでいるため、看護師の仕事も専門性が求められるようになってきています。医師や薬剤師、栄養士など専門家でチームを組んで医療を行う「チーム医療」も進んできており、看護師はその中でも患者と最も接点のある医療従事者として重要な役割を担っています。
看護師は患者の血圧、体温、便の状態、食事、薬、体調などあらゆることを日常的に観察し、必要であれば注射や採血、人工呼吸器の操作、手術の補助、検査の説明などを行います。
看護の知識はとても深く、病院や診療所にとどまらずカウンセラーや介護、健康診断など活動範囲を幅広く拡げることもできます。

 

看護師に大切なのは心身ともに健康であることです。立ちっぱなしの仕事で勤務時間もバラバラなハードスケジュールを要求されるので、とにかく体力は必要です。また看護師にとって忍耐や努力も非常に重要です。患者を自分の身内のように思って、誠心誠意努めることが大切です。生涯学習が当たり前であり、患者の気持ちを汲み取れる人間性も必要になってきます。プレッシャーやストレスも多く辛い現場ではありますが、人の命をつなぐ、とてもやりがいのある素晴らしい仕事です。