看護師 PNS

PNSとは?

PNSとはパートナーシップ・ナーシングシステムの略で、福井大医学部付属病院が開発した新しい看護方式です。

 

2人の看護師が安全で質の高い看護を共に提供することを目的に、良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を活かし、交互に補完し協力し合って、毎日の看護ケアをはじめ委員会活動・病棟内の係に至るまで1年を通じて活動し、その成果と責任を共有する看護体制のことです。

 

2人の看護師が二人三脚で動くことによって、不安やストレスの軽減、医療ミスの防止、知識・情報の補完・共有、コミュニケーション活性化など多くのメリットがあり、安心・安全な看護を効率的に提供できるシステムとして注目されています。

 

PNSの活動内容は以下のようになっています。

 

パートナーを選ぶ

キーワードは違いを活かす。

パートナーを選ぶのは公の場で

年度初めの病棟会など、スタッフがそろっているところで経験の違いを活かしてスタッフ同士がパートナーを決める。

パートナーシップを補完するチーム作り
  • パートナーとなった者同士を副看護師長を中心にチームを振り分け、補充体制を作る。
  • 力量・経験年数・役割などを踏まえて振り分ける。
活動範囲

パートナー2人ずつによって作られたチームが委員会活動をはじめ、病棟内の係の仕事、受け持ち患者、日々の看護ケアに至るまでのすべての業務を補完する。

 

PNSのメリット・デメリット

PNSを導入することで得られるメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか?

 

PNSのメリット
  • 看護師間のコミュニケーション増す
  • OJTの質が向上する
  • 一人が急変時に即対応していてももう一人の看護師がいることで途切れることなく受け持ち患者の対応ができる
  • 互いの知識や技術を補完することができる
  • 経験が浅く慣れない処置を行う場合、パートナーに相談することができる
  • 看護の効率化によって休暇が取れたり、超過勤務が減少する

 

また、患者さん側にも以下のようなメリットがあります。

 

患者さんにとってのメリット
  • 担当看護師が2人に増えることで安心感が高まる
  • 誤薬・誤投与などのリスクが減少する
  • 急変対応時など応援が必要な処置なども迅速に行うことができる

 

一方で、このようなデメリットもあるという声があります。

 

PNSのデメリット
  • 固定チームナーシングの倍の人員が必要になる
  • ”対等”と言う言葉による誤解が生じやすい
  • 休日・休暇の調整が難しい

 

環境によっては安易にPNSを取り入れるのは逆効果となってしまうという指摘もあります。PNSを取り入れた職場で働きたいと思っている人は、しっかりと土台からPNSのシステムを構築し、1年以上PNSを実践している病院を選んだ方が良いでしょう。