看護師 療養型病院

療養型病院とは

療養型病院という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
一般の病院と療養型病院の違いは、設置している病床が一般病床か療養病床かの違いにあります。医療法によって、一般病床と療養病床は区別されていて、一般病床は急性期の患者さんのための病床で、療養病床は慢性期の患者さんのための病床のことを言います。
療養病床は医療処置が必要なく、比較的安定している患者さんが入院しています。一般的な急性期病院とは異なり、積極的な治療が必要な状態ではないため看護師の定位数が少ないことが特徴です。

 

一般病床は医師は患者さん16人に1人以上、看護師は患者さん3人に1人以上が義務付けられていますが、療養病床は医師は患者さん48人に1人以上、看護師は4人に1人以上となっています。また療養病床には看護補助者の配置が義務付けられており、患者さん4人に対して1人以上配置されるようになっています。

 

また設備にも違いがあります。一般病院には病気の発見や診断、治療のための医療機器がそろっていますが、療養型病院には基本的に療養に必要な医療機器だけを置いているところが多く、その分談話室を広く設置していたり、病室自体も広く長期の療養生活に適した設備になっています。

 

療養型病院での看護師の仕事

療養型病院での看護師の役割は、入院する患者さんが安全に生活できるように、医療の専門職としてリハビリテーションや介護職の人々とチームを組んで生活を守ることです。具体的な仕事は医療処置や全身状態の観察、合併症の予防、感染対策、リハビリテーション、緩和ケアなどです。
療養型病院では病状が安定している患者さんが多いので、医師の医療補助の仕事は少なく、その分介護に関わる仕事が多くなってきます。
長期入院の患者さんが多いので、患者さん一人一人と向き合った深い関わりを持った看護を提供できるのも大きなポイントです。

 

また療養型病院は一般病院より患者さんあたりの看護師の人数が少ないので看護師が受け持つ患者さんの数は多くなりますが、必要な医療処置は少ないので比較的ゆったり都勤務することができるというメリットがあります。そのため育児をしている看護師やブランクの長い看護師に人気の職場となっています。