看護師 在宅ワーク

看護師の在宅ワーク

看護師資格を活かして在宅ワークで働くという働き方もあります。現時点では仕事の種類はそれほど多くはありませんが、新しい働き方として注目されています。自宅にいながら看護師としての知識やスキルを活かすことができるだけでなく、体力的・精神的な負担が少ない、空いた時間を活用できるといったメリットもあります。

 

医療機関で勤務するのと比べて収入は下がるケースが多いですが、副業として利用している方も多いようです。具体的には以下のような仕事があります。

 

健康管理相談員

介護施設の利用者や在宅で療養中の患者さんから健康相談を受けて、看護師としてアドバイスする仕事です。電話相談のほか、訪問を行うこともあるようです。

 

保健指導・特定保健指導

保健指導とは、高齢者や企業の社員に対して電話もしくは対面でカウンセリングをし、保健指導を行う仕事です。特定保健指導とは、特定健康診断の結果、生活習慣病のリスクの高い人に対して生活習慣の見直しをサポートする仕事です。

 

看護師免許があれば働けますが、在宅ワークの場合特定保健指導の経験が求められることが多いようです。基本的には電話で指導し、場合によっては個別面談や家庭・企業への訪問を行うこともあるようです。

 

看護師の転職支援サイトやブログ記事のライター

看護師経験を活かしてウェブ上で公開する記事を主に自宅で執筆します。これにはPCスキルと文章力が必須です。

 

 

こういった在宅ワークは数も少ないため、競争率も高いです。求人を探す場合は転職サイトを利用すると見つけやすいですよ。またパソコン操作を使う仕事が多いため、パソコンが苦手な方は操作に慣れておく必要があります。

 

せっかく取った看護資格、活かさないともったいないですよね。転職の際は病院勤務だけでなく、こういった仕事にも視野を広げてみてはいかがでしょうか?

 

看護師資格を活かせる在宅ワークの求人を探すなら、看護師転職支援転職サイト「ナース人材バンク」がおすすめです。看護師向けの求人を専門的に扱っているので、ハローワークにはないレアな求人もありますよ。

 

↓ナース人材バンクの公式サイトをチェック↓