ハローワーク 特徴

ハローワークの特徴

ハローワークを使って転職しようと考えている人は、まずハローワークの特徴について知っておいた方が良いでしょう。「求人を探すならまずはハローワークで探そう」と考える人も多いと思いますが、何も考えずにハローワークを利用すると、かえって転職を成功させるのが難しくなってしまうかもしれませんよ。

 

ハローワークの機能

ハローワークでは無料で職業紹介や就職支援のサービスを行っています。また、雇用保険に関する各種の手当てや助成金の支給、公共職業訓練の斡旋、職業安定関連の業務なども行っています。

 

ハローワークでは、単に求人情報を知るだけでなく就職に向けたさまざまなサービスを受けることができます。窓口における相談サービスでは、仕事選びやそのための自己分析、希望条件の決定、技能などが必要な場合の職業訓練に関する相談などについても支援を受けることができます。

 

求人の応募するにあたっては、履歴書などの書き方、面接の受け方などのセミナーや、窓口におけるアドバイスを受けたり、紹介状を発行してもらうことが可能です。職業紹介に関しては、できる限り求職者が就職の際に転居する必要がない就職先を紹介するよう努めることになっています。管轄区域内で紹介できない場合は、広範囲で職業紹介活動をすることとされています。

 

ハローワークは日本全国に550か所以上設置されており、全国のハローワークはオンラインで結ばれています。求人情報検索用のPCから、希望する求人を全国のハローワーク求人から探すことができます。また、ハローワークインターネットサービスというWebサイトでは、自宅などでもネットで検索することができます。ただし、全ての求人情報が掲載されているわけではありません。また紹介状の発行や企業への問い合わせは直接窓口に行く必要があります。

 

ハローワークの窓口の利用時間は平日8:30〜17:15となっています。平日の夜間や土曜日でも利用可能な施設もあるので、自分が住んでいる地域のハローワークの利用時間を調べてみるといいでしょう。

 

ハローワークの求人について

ハローワークにはほぼ全業種の求人が集まってきます。そのため、かなりの量の求人が集まることになります。看護師の求人というのはその中のほんの一部です。ハローワークの職員は膨大な数の求人を広く浅く取り扱っているため、特別看護師求人に詳しいというわけではありません。そのため不明な点があって質問したとしても、詳しい情報を教えてくれるとは限りません。

 

また、ハローワークへの求人掲載は無料、かつ企業側が求人情報を記載するため、仕事内容や条件面での間違いなど、求職者と企業の間でトラブルになるケースも少なくありません。ブラック企業の求人や、「カラ求人」と呼ばれる実際には採用する気がないけれど出している求人というものもあります。

 

カラ求人は、あわよくば優秀な人材が応募してくれればという企業側の思惑から掲載されていることが多いです。期日を決めてどうしても人を採りたいと思っているわけではないので、年がら年中掲載されています。

 

ハローワークでは誰でも求人情報を見ることができるという性質上、応募が殺到してしまうため条件の良い求人が掲載されていることも少ないです。そんな中から自分の希望に合った求人を探すというのはかなり難しいでしょう。

 

こうした理由から、看護師が転職する際にハローワークを利用することはあまりおすすめできないのです。