ハローワークとは

ハローワークとは

ハローワークとは公共職業安定所とも言い、職業紹介業を行う機関で国が所管しています。職業紹介や就職支援のサービスを無料で行っています。
職業紹介とは仕事を求めている「求職者」と人材を求めている「求人者(事業主)」からそれぞれ求職と求人の申し込みを受け、求職者と求人者の間に雇用関係が成立するように斡旋することを言います。職業紹介を通して労働力の需要と供給をマッチさせることがハローワークの基本的な役割です。
他にもハローワークでは雇用保険に関する各種の手当や助成金の支給、公共職業訓練の斡旋、職業安定関係の業務なども行っております。

 

職業紹介に関しては出来る限り求職者が就職の際に転居する必要がない職業を紹介するよう努めることになっています。また、管轄区域内で紹介ができない時は、広範囲で職業紹介活動をすることとされています。
全国のハローワークはオンラインで結ばれており、求人情報の検索用の端末から希望する求人を探すことができます。またハローワークインターネットサービスというウェブサイトでは、求人情報のうち求人企業が掲載に同意したものについては、インターネットによって自宅などで検索することができます。

 

ハローワークで看護師の求人を探すメリットもいくつかあります。

 

採用側にコストがかからないので、採用のハードルが低い

ハローワークは公共職業安定所ですので、病院やクリニックなど採用する側には求人の掲載から採用まで一切費用がかかりません。有料の広告求人や転職エージェントとは異なり、費用がかからない分採用のハードルが低く、ハローワーク経由で応募することで入植しやすくなるケースもあります。必ずしもハローワーク経由だから採用されやすいというわけではなく、採用側が求める基準を満たしていなければ採用されることはありませんが、ケースによっては採用のハードルが下がることもあるようです。

 

ハローワークにしかない求人も多い

ハローワークは無料で求人が出せるため、採用にかかるコストを少しでも削減したい病院や医療機関にとってはとてもありがたいサービスです。そのため有料の求人手段を利用せず、ハローワークだけで採用活動をしている病院やクリニックも多くあります。特に地元の小規模なクリニックの求人情報を探している場合などはハローワークがおすすめです。

 

地域の求人に強い

地方では都心以上にハローワークを通じた求人・転職が根付いており、地方の求人は充実しています。地方に在住の方が地元の病院やクリニックの求人を探す場合は、ハローワークで探した方が情報収集しやすいかもしれません。

 

 

逆にハローワークを利用するデメリットとしては以下のようなものがあります。

 

就業条件の記載が不明瞭なことがある

ハローワークの求人は情報量が少ないことも多く、給料や福利厚生などの就業条件の記載についても不明瞭なことがあります。細かい条件などは直接病院に問い合わせなければ正確に把握できないこともあります。

 

窓口では求人の内情までは教えてくれない

ハローワークの担当者は医療業界の専門家ではありませんので、求人先の病院やクリニックの詳しい実情までは把握していません。事前に病院の実情を知りたい場合は、ハローワークから得られる情報だけでは足りませんので、転職支援会社などからも情報提供を受けた方が良いでしょう。

 

ハローワークに掲載されていない求人も多い

ハローワークにはすべての求人が掲載されているわけではありません。ハローワークには求人を出していない病院やクリニックも存在します。特に、わざわざハローワークに求人を掲載しなくても看護師が集まるような人気の病院などはハローワークでは見つからないので、転職支援会社などを利用するようにしましょう。

 

ハローワークを利用するのも場合によってはメリット、デメリットがあります。地元の病院などで探す場合はハローワークで、人気の病院などで探したい場合は転職支援会社でなど上手に使い分けるようにしましょう。