看護師 再就職手当

再就職手当をもらうには

再就職手当とは、失業保険の給付日数がある程度残っている段階で就職すると、就職手当として前倒しで受給できる制度です。
ただし、就職先が大手看護師転職サイトのような厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者かハローワークからの紹介である場合に限られます。
再就職手当を知っている方でも、ハローワーク以外の紹介で転職した場合でも再就職手当を受け取ることができるということを知っている人は少ないかもしれません。
再就職手当を受け取るにはいくつか条件があり、それらをクリアすればハローワーク以外で紹介を受けた求人であっても再就職手当を受け取ることができます。
その条件が下記のものになります。

 

  • 受給手続き後、7日間の待機期間満了後に再就職したこと
  •  

  • 再就職日の前日までの失業の認定を受けた上で、基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あること
  •  

  • 離職した前の事業所に再び就職したものでないこと。また離職した前の事業所と資本・資金・人事・取引面で密接な関わり合いのない事業所に就職したものであること
  •  

  • 受給資格にかかわる離職理由により給付制限がある場合、待機期間終了後最初の1か月間はハローワークまたは職業紹介業者の紹介によって就職したものであること
  •  

  • 再就職先で1年以上勤務することが確実であること
  •  

  • 再就職先で雇用保険に加入すること
  •  

  • 過去3年間で再就職手当・早期再就職支援金・常用就職支度金を受け取っていないこと
  •  

  • 受給資格決定前に再就職が内定していないこと
  •  

  • 再就職手当の支給決定日までに再就職先を離職していないこと

 

ちなみに再就職が早い=支給残日数が多く残っているほど手当の金額はアップします。

 

気になるのは「ハローワークまたは職業紹介業者の紹介によって就職したものであること」という部分ですが、厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者であれば、ハローワークの紹介でなくても再就職手当が支給されます。
ただしこの場合は退職後にハローワークで失業認定の手続きを行わなければいけません。
厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者とはどこなのか?と疑問に思う方も多いかと思います。
看護師転職サイトの中でも厚生労働省から許可を受けたサイトがあります。大手の看護師転職サイトのほとんどは厚生労働省から許可を受けているので、トップページなどに記載している許可番号を確認してみてください。
こういったところもチェックして、信頼できる転職サイトを選んでください。