看護師 キャリアプラン

キャリアプランを立てるには

看護師は需要も高く、求人数も多く一生資格を活かして働くことができる職業です。しかし、女性の多い職業ということもあって結婚・出産・育児などでキャリアを中断したり、働き方を変える人が多いという現状もあります。無理なく仕事を続け、充実した生活を送るためにはキャリアプランを立てて転職活動に臨んだ方が良いでしょう。

 

キャリアプランとは

キャリアプランとは「この職種でどのように知識を身に付けて成長していきたいか」という計画のことです。一般企業に勤めるサラリーマンでも、異動によっていろいろな経験を積んで専門知識を深めることができます。専門職の場合は、自分が希望すればその分野のエキスパートを目指すことも可能です。看護の専門性が高まっている現在、幅広い分野で活躍する看護師は増えています。

 

「キャリア」という言葉を辞書で引くと、職業上の「経験」や「経歴」とあります。もちろん経験や経歴も大切ですが、経験を積んだからと言って「いいキャリア」になるとは限りません。転職や進学といったものは1つのステップに過ぎないのです。もっと長期的な視点で考えて、「看護師として、人として成長していくための生涯にわたるプロセス」がキャリアと言えます。

 

看護師のキャリアと自分自身の人生は切り離すことはできません。結婚してからも働くのか、子育て中は仕事はどうするのか、といったことも考えておく必要があります。10年後、20年後の自分をイメージしながら、一度計画を立ててみましょう。

 

キャリアプランの立て方

キャリアプランを立てるには、まずライフプランを立ててみるといいでしょう。ライフプランは自分の生き方の計画です。特に女性は結婚や出産、子育てなどで自分の生活が大きく変わります。妻として、母として、女性として変化していく自分の立場と向き合いながら、自分らしく生きる上で大切にしたいことを一番に考えます。

 

まずは気軽に計画を立ててみましょう。その際重要なことは、一度立てたプランを必ず実行しなくてはならないと考えずに状況に応じて立て直せば良いと心得ておくことです。そこに、看護師としての自分も重ねていきましょう。

 

例えば、出産・子育てをどのようにしたいか悩む人は多いと思います。必要があれば勤務形態を無理のないものに変えたり、保健所などと連携していくという方法を選択することになるかもしれません。また、自分らしく生きるためにキャリアを中断するという選択肢もあります。

 

最近では離職者を積極的に呼び戻すための復職セミナーや個別相談会が開催されているので、そうしたものを上手に利用して復職することも可能です。無理なく、自分らしい選択ができるようにあらかじめ考えておくといいでしょう。