看護師 面接対策

看護師の面接対策

書類選考に通れば、次に面接があります。面接では応募先の採用担当者と直接会って話すので、緊張してうまく話せな買ったらどうしようと不安に思う人も多いと思います。緊張せずにうまく面接で話せるように事前に対策をしておきましょう。

 

服装・身だしなみチェック

まずは面接に行く際の服装や身だしなみをチェックしましょう。

 

化粧

メイクはナチュラルメイクを心がけましょう。派手なアクセサリーも厳禁です。

 

服装

ベーシックなスーツが基本ですが、清潔で自然な感じのものを選びましょう。

 

ミュールやサンダルはNGです。パンプスなどスーツに合うものにしましょう。

 

髪型

清潔であることが一番です。長い髪は束ねてスッキリさせましょう。派手な色のカラーリングは病院には合わないので控えましょう。

 

きちんと手入れをし、清潔感を心がけましょう。マニキュアはしない方がいいでしょう。

 

 

面接当日は、面接時間の10分前には到着するように心がけましょう。

 

面接でよく聞かれること

面接のときによく聞かれる質問はだいたい決まっています。質問を想定して事前に答えを考えておきましょう。

 

この病院を選んだ理由は?

面接を受ける病院のことをあらかじめしっかり調べておくことは常識です。病院のホームページやパンフレットをチェックし、情報を集めて自分がこの病院のどのようなところに惹かれ、応募したのかを説明できるように準備しておきましょう。

 

魅力を感じた点や応募先で勉強したいこと、この病院で何をやっていきたいかなどを失礼のないように具体的に話してみましょう。

 

なぜ転職しようと思ったのか?

転職理由は必ず聞かれる質問です。採用する側としては短期間でやめられてしまっては困ってしまうので、次の仕事でも同じ理由で転職してしまわないかどうかを確認します。転職理由で多いのが「人間関係が複雑で」というものや「夜勤が多かったため」などの前向きではない理由、たとえ事実であっても面接の答えとしては向いていません。

 

転職理由はあくまで前向きで、相手が納得できる伝え方をしましょう。転職をネガティブなことではなく、自分を見直す新しいチャンスととらえて話していきましょう。また、実際に特定のスキルや資格を取得する目標も伝えるといいでしょう。

 

前職を退職した理由は?

これも転職理由と同じような内容になる場合もありますが、育児や介護、療養などのための場合は正直に話し、現在はどのような状況であるかを伝えましょう。人間関係や待遇面が理由の場合は、たとえ事実であっても面接官に良い印象を与えないので伝えない方が良いでしょう。

 

面接官に好印象を与えるにはポジティブな転職であることをアピールする必要があります。どんな言い方がポジティブな印象を与えられるかは、アドバイザーにアドバイスしてもらうといいでしょう。

 

自分の看護観

これも必ずと言って過言ではないほど定番の質問です。看護観とは「なぜ看護師を目指そうと思ったのか」、「看護師として大切にしていることは何か」といったことです。無理に立派な答えを言う必要はないので、自分が看護師になりたいと思ったきっかけや、どのような看護師を目指しているかを自分の言葉で伝えましょう。

 

また「看護師として大切にしていること」を伝える時は、具体的なエピソードを交えて話すと説得力が増し、良い印象を与えられます。

 

 

面接は事前の準備が大切です。不安な場合はキャリアアドバイザーに相談し、アドバイスしてもらって不安を解消してから面接に臨みましょう。