看護師転職,最初にやること

転職するときにまず最初にやること

転職をしたいと思い立った時、まず何から始めたらいいのか分からないという人もいると思います。何となく求人情報を探し始めて、何となく応募して転職先が決まり転職したはいいものの、結局合わずにまた転職したくなってしまうといった状況に陥ってしまう場合もあります。

 

転職は人生を大きく左右する出来事と言っても過言ではありません。失敗して後悔しないように、しっかりと準備をして納得できる転職活動にしましょう。そのためには、まず最初にやっておきたいことがいくつかあります。

 

転職したい理由を明確にする

面接では、必ずと言っていいほど転職の理由を聞かれます。転職しようと考え始めたのだからそれなりに理由があるのだとは思いますが、いざ面接で聞かれるときちんと答えられなかったりします。これでは転職活動はうまくいきません。

 

仮に転職先が運よく決まっても、また転職したいと思ってしまうかも知れません。転職したい理由というのは、次にどんな条件の勤務先を選んだら自分が納得できるのか判断する基準となるからです。理由があいまいなままでは、転職したいと思った原因を根本的に解決することができません。そのため、最初に転職理由を明確にすることはとても大切なことです。

 

例えば給与や待遇面で不満を感じているのか、仕事内容が自分に合わないと感じているのか、もっと専門的な知識や技術を身につけたいのか、人間関係でトラブルを抱えているのか、勤務時間や勤務場所を変えたいのかなどなど、自分が転職したいと思った理由を明確にすることで求人を探す時の目安にもなります。

 

そして何より、転職理由を明確にすることは、今後の自分の看護師としてのキャリアプランを考えることになります。今まで自分が経験したことや考えたことを棚卸しなければならないので大変な作業ですが、この機会に自分のキャリアプランを整理しておけば、これからの看護師の仕事にやりがいを感じて働くことができます。

 

まずは自分がどんな看護師になりたいのか、どんな風に働きたいのかを思い描いてみるといいでしょう。

 

転職スケジュールを立てる

転職理由が明確になったら、今度は転職活動を行う上でのスケジュールを立てましょう。最初にスケジュールを立てずに転職活動を始めてしまうと、ダラダラと無駄に時間を過ごしてしまったり、逆に焦って転職先を決めてしまったりして転職がうまくいかないことがあります。

 

転職スケジュールは「立てる」ことが目的ではなく、あくまで「転職活動を無駄なく冷静に行うためにスケジュール感を把握すること」が目的となります。なのでスケジュール通りにいかなくても問題ありません。転職活動中は精神的にも不安定になりがちです。転職活動のひとつひとつの工程を理解し、どれくらいの期間がかかるかということを把握し、冷静に進めていくことが大切です。

 

一般的に、看護師の転職活動期間は3ヶ月が目安と言われています。これは看護師に限らず他の職種でも同様です。転職理由や希望条件を整理して、転職サイトのキャリアアドバイザーと面談して、面接に行って、と必要な手順を踏んでいるとやはり3ヶ月は必要です。

 

スケジュールのイメージ

転職活動の大まかなイメージは以下のような感じです。

1か月目

  • 1〜2週目:自己分析(転職理由の整理、希望条件の整理)
  • 3〜4週目:転職サイト選び・登録、応募書類作成(履歴書・職務経歴書)

2か月目

  • 1〜2週目:担当キャリアアドバイザーとの面談、求人紹介、応募手続き、面接対策
  • 2〜3週目:書類選考
  • 3〜4週目:面接

3か月目

  • 1周目〜:二次面接、病院内見学、条件交渉、雇用手続き

 

このスケジュールはほんの一例です。応募先によっては書類選考の結果が早く出ることもあったり、時間がかかることもあります。あくまで参考程度のとどめておいてくださいねまた、転職サイトを利用すると企業への応募や面接の日程調整などを代行してくれるなど転職活動がスムーズに進むのでおすすめです。

 

今の職場を辞めるタイミングを考える

転職活動をするときは、円満退職することも大切です。まだ次の職場が決まっていない段階でも、転職活動が上手くいって退職することになった時のことを考えておくといいでしょう。

 

転職が決まったら、まず職場に報告することになります。このタイミングが悪いと、上司や同僚との関係が悪化してしまい、お互い気持ちよく退職することができなくなってしまいます。たとえば年末年始やお盆、ゴールデンウィークなど世の中的にお休みを取る時期は人手が不足しがち。

 

また4月や5月は新人看護師の教育で忙しく、4月から新しく配属になった看護師も慣れていない時期なので職場がとても慌ただしい状態です。このような時期に退職することはおすすめできません。

 

忙しい時期は職場によっても異なりますが、1月中旬から下旬はひとつのタイミングとなっています。この時期であればボーナスをもらうことができ、4月に向けて求人が増えている時期でもあります。こうしたことも考えてスケジュールを立てていくといいですね。