看護師 書類 書き方

書類の書き方

転職するときに必須となるのが履歴書や職務経歴書です。でも久しぶりに書くとなるとどんなことを書けばいいのか分からなくなってしまったり、そもそも自分の書き方が合っているのか不安になったりする人も多いのではないでしょうか?履歴書や職務経歴書は書類選考を大きく左右する重要な書類です。書類選考で不利にならないためにも、きちんとした書き方をおさらいしていきましょう。

 

基本のルール

まずは基本的なルールからおさらいしていきます。

  • 黒インクのボールペンか万年筆を使い、丁寧な字で書く
  • 学校や勤務先の名称は省略せずに書く
  • 全ての項目に記載をし、空欄を作らないようにする
  • 修正液や修正テープ、二重線での訂正は避け、書き損じた場合は新しく書き直す
  • 年号は和暦(昭和、平成)でそろえて書く
  • 提出前に誤字、脱字、記入漏れがないか必ず確認する
  • 提出する書類はコピーを手元に残しておく

 

書き間違えてしまわないか不安な場合は下書きを鉛筆でしても大丈夫です。その際、清書後に消しゴムで消すのを忘れないようにしましょう。空欄は作らないようにするのが望ましいです。賞罰などの欄で書くことがない場合は「特になし」と記入しましょう。年号は特に指定がなければ和暦で統一しましょう。

 

履歴書の書き方

続いて履歴書の書き方について項目別に細かく見ていきましょう。

 

日付

書類を面接時に持参する場合は面接日の日付、郵送の場合は投函する日の日付を記入します。履歴書の作成日を記入する人もいますが、正しくは面接日、投函日の日付を書きます。

 

一度に複数枚履歴書を書く場合は日付の部分を空欄にしておき、郵送するとき、持参するときに記入するようにしましょう。

 

氏名

氏名は大きな字で丁寧に書きましょう。ふりがなは「フリガナ」とカタカナで書いてある場合はカタカナで、「ふりがな」とひらがなで書いてある場合はひらがなで書きます。

 

写真

履歴書に添付する写真は3ヶ月以内にされた証明写真であること。サイズは縦3センチ×横2.4センチ。もしくは縦4センチ×横3センチに設定します。写真の裏には氏名を記入しておきましょう。

 

服装はスーツが基本です。髪が長い場合は束ねるか、まとめておきます。ピアスやネックレスなど華美なアクセサリーは外します。表情は満面の笑みよりやや微笑む程度の方が良いでしょう。

 

印鑑

用紙に『印』の欄がある場合は必ず印鑑を押しましょう。印鑑はきれいにまっすぐ押すことを心がけましょう。

 

生年月日・年齢

生年月日は年号を忘れずに書きましょう。年号は省略せず「昭和」「平成」などと書きます。年齢は記入した日付の時点での年齢を記入します。

 

住所・電話番号

住所は省略せずに都道府県・建物の名称・部屋番号まで詳しく記入します。住所のふりがなは漢字の部分のみで大丈夫です。

 

合否の連絡が電話でくる場合もあるので、電話番号は連絡が取れる番号を記入します。携帯電話の番号でも問題ありません。連絡が付きやすい時間帯があれば余白に記載しておきましょう。

 

学歴・職歴

看護専門学校などは略さずに正式名称で記載します。30代以降の人は高校からでも大丈夫です。学部・学科も忘れずに書きましょう。最終学歴は必ず記載します。中途退学した場合は、退学の旨と退学理由を書きます。予備校や語が学校、資格取得のためのスクールは学歴に含まれないので記入しません。

 

職歴は、一般企業の場合は「入社・異動・退社」、病院の場合は「勤務、異動、退職」と書きます。退職の場合は「一身上の都合により退職」、在職中の場合は「現在に至る」と書きます。企業名や病院名、所属部署や科目は正式名称で記入しましょう。最後に「以上」と書きます。

 

資格欄

資格欄は、仕事に関係のない資格は記入しません。また取得予定の資格があれば「取得見込み」と記入しておきましょう。国家資格だけでなく民間資格も記入して問題ありません。アピールできる資格であれば記入しておきましょう。

 

志望動機、特技、得意な学科

志望動機、特技、得意な学科の中で看護師の転職で重要なのは志望動機のみです。特技や得意な学科については新卒用の履歴書以外には存在しない場合が多いので、そういったフォーマットの履歴書を選ぶといいでしょう。

 

志望動機を記入する際は、転職先の情報をHPなどでリサーチし、転職先に賛同・協調できる部分があれば記入しておきましょう。志望動機のサンプルやテンプレートはあくまで参考程度にとどめ、自分の看護経験や看護観を盛り込んで自分の言葉で自分の気持ちを書くようにしましょう。