看護師 転職 種類

看護師の種類記事一覧

看護師と准看護師の違い

准看護師とは、看護師と同様に医療施設や福祉施設などで病気やけがに苦しむ人たちや高齢者などの身の回りの世話をしたり、医師や看護師の指示のもとに医療行為の補助的役割を果たす人たちのことを言います。看護師のことを准看護師に対して俗に「正看護師」と呼ぶこともあります。正看護師も准看護師も仕事内容はほぼ同じな...

≫続きを読む

 

夜勤看護師

夜勤には大きく分けて準夜勤と深夜勤の2つの勤務形態があります。2つの夜勤制度をとっているのは3交代制の病院で、2交代制をとっている病院の場合この両方を合わせて夜勤という時間帯になっています。準夜勤の勤務時間帯については病院によって多少の違いがあるようですが、通常は夕方4時半から深夜の0時までが勤務時...

≫続きを読む

 

専門看護師

専門看護師とは、社団法人日本看護協会 専門看護師認定審査に合格し、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた看護師のことを言います。実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を果たすことにより、...

≫続きを読む

 

認定看護師

認定看護師とは、日本看護協会が策定した資格認定制度の資格のひとつです。高度化および専門分化する保健、医療および福祉の現場において熟練した看護技術および知識を必要とする看護分野として制度委員会が認めたものを言います。認定看護分野の特定の方法は、制度委員会が同委員会に申請された分野について看護の現状と将...

≫続きを読む

 

特定看護師

特定看護師とは、厚生労働省が創設を検討している従来の看護師よりも幅広い医療行為ができる新しい資格のことです。医師の「包括的指示(患者に関する処置や投薬などの対応をあらかじめ一定の範囲で認めておく医師の事前指示)のもと、侵襲性の高い特定の医行為を担うとされています。高齢化や在宅医療の増加などにより、医...

≫続きを読む

 

潜在看護師

潜在看護師という言葉を聞いたことがあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉かもしれません。潜在看護師とは結婚や子育て、介護などの理由で離職し、現在働いていない看護師のことを言います。厚生労働省の推計では約71万人いると言われています。これだけ多くの人が復職すれば、看護師不足も解消されることでしょう。復職...

≫続きを読む

 

外来看護師

外来とは、病気を持つ人、あるいはけがや健康異常を感じた人が訪れ、疾患の診断を受けて治療方針が下される場所です。外来での看護師の勤務は特に人気が高く、外来看護師はいわゆる病院にとっての顔の役割を担うことになります。入院患者の看護とは異なり、初めてその病院に診察に訪れる人を対象としているため、外来担当の...

≫続きを読む

 

訪問看護師

看護師の仕事は、病院で勤めるものばかりではありません。中には在宅で療養している方をケアする訪問看護と言う仕事があります。訪問看護師の仕事は、病気や傷害のある人が住み慣れた地域や家庭で本人や家族の希望に沿って、自宅で療養生活を送れるように看護師などが訪問し、ケアをすることです。訪問看護師の主な仕事には...

≫続きを読む