外来看護師

外来看護師

外来とは、病気を持つ人、あるいはけがや健康異常を感じた人が訪れ、疾患の診断を受けて治療方針が下される場所です。
外来での看護師の勤務は特に人気が高く、外来看護師はいわゆる病院にとっての顔の役割を担うことになります。入院患者の看護とは異なり、初めてその病院に診察に訪れる人を対象としているため、外来担当の看護師の印象ひとつで患者さんがその病院に抱くイメージが変わってくると言っても過言ではありません。
外来には一日にたくさんの人が訪れます。その中には治療の必要のない人、在宅で継続的に治療が必要となる人、緊急に処置、あるいは入院が必要な人など様々なケースがあり、医療チームはそれらに適切かつ迅速に対処しなくれはなりません。そのため外来で働く看護師には、医師の診察がスムーズにいくための介助が要求されます。
外来看護師の仕事で、最もウェイトを占めるのが診察の介助です。診察の介助は、医師の仕事がスムーズに運ぶように手助けすることです。外来看護師の場合は、精神科のように専門性の高い知識やスキルを深く磨くというよりも、幅広く浅く多岐にわたっていかに効率的かつスピーディに患者さんにサービスできるかということが重要になります。
また他の診療科目に比べ、外来の看護師は夜勤が少ないので、結婚をしていて育児に専念したい人や、プライベートな時間を確保したい人などには良い環境でしょう。看護師のスキルを磨いたり、高額な給料は望めませんが、自分にとってどんな条件を優先させたいかを考えて、自分にぴったりな働き方をしてくださいね。