看護師 准看護師 違い

看護師と准看護師の違い

准看護師とは、看護師と同様に医療施設や福祉施設などで病気やけがに苦しむ人たちや高齢者などの身の回りの世話をしたり、医師や看護師の指示のもとに医療行為の補助的役割を果たす人たちのことを言います。看護師のことを准看護師に対して俗に「正看護師」と呼ぶこともあります。正看護師も准看護師も仕事内容はほぼ同じなのですが、一体どこが違うのでしょうか?

 

正看護師と准看護師の一番大きな違いは資格です。
正看護師の免許は、看護師国家試験をパスした人がもらえる国家資格。准看護師の免許は、各都道府県で行われる知事試験をパスした人がもらえる公的資格です。
准看護師は技術をメインに学びます。看護師としての思考力・判断力や社会における役割など、基礎的なことを学ぶ時間は少ないとされています。
一方、正看護師の場合は基礎的な部分からしっかり学ぶことができます。

 

仕事内容の違い

実は正看護師にできて准看護師にできない仕事はありません。つまり仕事内容に差はほとんどないのです。
ただし准看護師の場合は主体的な看護はできません。
正看護師は「医師の指示」に基づき医療行為の補助を行う、一方准看護師は「医師・歯科医師・正看護師」の指示のもとで看護を行います。
そのため准看護師から正看護師に指示・指導をすることはできません。認定看護師を目指したり、管理職へ昇格するなどキャリアアップをするのは難しいでしょう。

 

准看護師のメリット

准看護師になるにはいくつかの方法があります。2年間の准看護師学校を卒業するか、高等学校の衛生看護科を卒業する必要があり、その後で准看護師試験を受験し、合格すれば准看護師になることができます。
正看護師ではなく准看護師を選択する理由はそれぞれですが、看護学校へ行くよりも少ない資金で資格取得を目指すことができる看護師資格取得を目指すより早く現場へ出て働くことができるなどの理由が多いです。

 

将来役職に就いてバリバリ働きたいという人は、正看護師を目指して看護学校へ通った方が良いですが、ある程度のところで家庭に入って看護職は続けないという方は、准看護師の資格取得を選択してもいいでしょう。