夜勤看護師

夜勤看護師

夜勤には大きく分けて準夜勤と深夜勤の2つの勤務形態があります。
2つの夜勤制度をとっているのは3交代制の病院で、2交代制をとっている病院の場合この両方を合わせて夜勤という時間帯になっています。
準夜勤の勤務時間帯については病院によって多少の違いがあるようですが、通常は夕方4時半から深夜の0時までが勤務時間になってきます。
そのあとの深夜勤の勤務時間は0時から翌朝の8時半としている病院が一般的です。
夜間の看護師には夜勤手当が支給されます。これは日中と比べて過酷な労働環境なためです。
2交代制の場合は仮眠時間が最低2時間と定められていますが、夜間の救急搬送、急変などで忙しい場合は仮眠を取れないこともあるようです。
厚生労働省では月に夜勤に就くのは8回までと勧告しているようですが、人手不足のため守っている病院は少ないのが現状のようです。
また夜勤加算をとっても看護師の夜勤アルバイトに頼らざるを得ない病院も多いようです。
夜勤のアルバイトは体力的にもきついですが、その分給与面が良いので意外と人気なアルバイトです。
アルバイトと言っても仕事が少ないわけではなく、基本的に常勤の看護師が行っている仕事と同じことを行います。
勤務時間前に病棟に行き、担当する患者さんの情報収集をして、申し送りを聞き、その後はバイタルチェックや食事介助、点滴、配薬、夜間の巡回、採血、ナースコールの対応、看護記録の記載などが主な仕事になります。
病棟の雑用などはアルバイトは行わなくてもいい場合もありますが、普段その病棟で働いていない分情報収集や病院のシステムが分からばいなど大変なことも多いかもしれません。
アルバイトを探すときは、自分が常勤している診療科に近い分野でバイトすると、知識や技術的な部分が同じなため精神的負担が少ないかもしれません。