看護師転職サイト 注意点

看護師転職サイトを利用するときの注意点

全て無料で利用出来て便利な看護師転職サイトですが、注意しないといけない点もあります。

 

担当キャリアアドバイザーの質が悪いとうまくいかない

担当キャリアアドバイザーが良いか悪いかは、転職活動がうまくいくかどうかに大きくかかわってきます。担当キャリアアドバイザーは希望の条件に合った求人を紹介してくれるだけでなく、勤務時間や給与などの勤務条件の交渉や職場の人間関係などの病院内部の情報収集を行ってくれます。

 

また、その病院に合わせた面接対策や履歴書の添削など、転職活動全体をサポートしてくれます。そのため、担当キャリアアドバイザーが信頼できるかどうかはとても重要です。転職支援サイトの口コミを見てみると、中には「希望の条件と違う求人ばかり紹介された」、「強引に求人をすすめられた」、「転職サイトに複数登録していると伝えたら旧に態度が冷たくなった」という意見も少数ですが見受けられます。

 

また、良くない担当キャリアアドバイザーにあたってしまうと、レスポンスが悪かったり、1つの求人案件しか紹介してくれなかったりと転職活動が思うように進まない場合もあります。たくさんある転職サイトの中から1つに絞って登録しても、担当キャリアアドバイザーが悪かったら転職は失敗してしまうかもしれません。

 

こうした場合は、他の担当コンサルトに変更してもらうか、別の転職サイトを利用するといいでしょう。

 

多くの転職サイトに登録しすぎると対応に疲れる

転職サイトは無料で利用できますし、一度の情報入力で複数の転職サイトに一括登録できるサイトもあるので、一度にたくさんの転職サイトに登録してしまう人もいます。確かに複数の転職サイトに登録することは、求人の比較ができたりキャリアアドバイザーの比較ができるというメリットがあっていいのですが、多すぎると対応に疲れてしまいます。

 

そのため転職サイトはメインの転職サイトを1つ、サブの転職サイトを1〜2つ程度にして、合計で3つぐらいにとどめておくといいでしょう。

 

転職活動がうまくいくかは自分次第

転職サイトに登録するとさまざまなサービスを無料で提供してくれるので、ついつい「転職サイトに任せておけば転職がうまくいく」と思いがちですが、実際に入職を決めるのは自分次第ですし、採用を決めるのは病院側です。転職サイトはあくまでサポートでしかないのです。

 

自分の意思がはっきりしているほど、転職サイトを上手に活用して転職を成功させることができます。また、転職サイトのキャリアアドバイザーもあくまで人なので、全ての登録者に対して同じように接することはできません。何度連絡しても連絡が付かないような人には求人を紹介しようと思いませんし、面談や面接などの約束を破るなんてもってのほかです。

 

また、紹介してもらう求人が自分の希望に合っていないと感じた場合は、具体的にどういったところがあっていないかを担当者に伝えるようにしましょう。自分の希望をはっきり伝えず曖昧にしておくと、担当者もどのようにサポートすればいいのか分からずお互いに時間も手間も余計にかかってしまいます。

 

希望がはっきりしていないのであれば、その旨を伝えて一緒に考えてもらうこともできます。自分自身のことについては本音で伝えなければ相手に伝わりません。遠慮せずに「給料を上げたい」「人間関係でこじれたからやめたい」など、転職の際に自分が一番重視していることを伝えていきましょう。

 

そして、最終的に決めるの自分自身です。「何となくすすめられたから」と転職先を決めてしまうと失敗してしまう可能性は大きいです。もし不安な部分があるのであれば、担当者に納得いくまで確認してもらいましょう。

 

転職は自分のためにするものです。自分が納得して「転職してよかった」と思える結果になるように、自分がどうしたいかを明確にして転職活動に臨みましょう。