看護師 転職理由

看護師の転職理由

看護師の皆さんはどのような理由で転職を考えるのでしょうか?
最も多い理由を探っていきましょう。

 

厚生労働省が公表している看護師実態調査のデータを見てみると、退職理由に多く挙げられているのは、「出産・育児のため」、「結婚のため」、「他施設への興味」などです。
他施設で働きたいと回答した理由については、「給与に不満がある」、「休暇が取れない・取りづらい」などが多いようです。
また転職理由には、結婚や出産などのポジティブな理由だけでなく、「責任の重さ・医療事故への不安があるため」、「休暇が取れない・取りづらい」などネガティブな理由を挙げる人も多くいます。その他にも人間関係通勤が困難などの理由で退職を希望する人も多いのが現状です。

 

再就職の希望としては、「看護職員として働きたい」という人が最も多く、希望する雇用形態では「パート・アルバイト」が最も多く、次いで「正社員」、「短時間正社員」となり、短時間勤務を希望する割合が正社員を希望する割合を上回っています。勤務体制については、「日勤のみ」が多く、「交代勤務(2交代制・3交代制)」を希望する人は少ないようです。
再就職に関して抱く不安については、「最新の看護の知識・技術に対応できるか」が最も多く、次に「家事・子育てと両立できるか」でした。前者は離職期間が長いほど不安の割合は高いようです。
またこれまで転職したことがある人が再就職先を選んだ理由としては、「通勤が便利だから」、「勤務時間が希望に合っているから」、「短時間勤務ができるから」といった理由が多く、雇用形態もパート・アルバイトが最も多いようです。

 

転職をする時は、何が一番転職したい理由なのか、どういった条件を一番重視したいかを自分の中ではっきりさせた方が転職を成功させることができるでしょう。
これだけは譲れないという条件がはっきりしていれば、効率よく転職先を探すことができるでしょう。